世界最強?インターコンチが"控えめ"な理由

ホテルは、ただ豪華絢爛なだけでいいのか?

関西で初めてのインターコンチネンタルですが、大阪がハブ都市として京都、奈良、神戸にも訪問しやすいロケーションにあることがカギだと思います。このホテルはたくさんの電車の駅から近い場所にありますし、本当にアクセスがいいですね。競争が本当に厳しい中でホテルを運営していますが、これは大変重要なことだと思っています。

また、われわれは世界最大の顧客会員組織「IHGリワーズクラブ(旧 プライオリティ・クラブ リワーズ)」を持っているので、世界各国でお客様をどんどん引き付けていくことができます。このホテルや大阪の認知度を高めるうえでも、非常に有利になっていると思います。

全日空との関係も大切なポイントです。IHGと全日空の合弁であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの人心融合もうまくいっており、全日空の会員の皆様の利用も進んでいます。

長期滞在に対応できる57室の「サービスレジデンス」は、ホテル客室と同様の作り。ホテル最上階4フロア(29~32階)に位置しており、全室がスイート タイプ(リビングと寝室が別)になっている。キッチンや家電も完備し、自分の自宅のように滞在できるうえ、ルームサービスやコンシェルジュなど、ホテルの サービスも利用できる。
自宅のようにくくつろげるサービスレジデンスのバルコニーから、大阪の街を一望できる

――主な顧客層は、日本で展開しているほかのインターコンチネンタルと同様なのでしょうか。

幅広いお客様にアピールできると思っています。ラグジュアリーホテルですから、富裕層などがターゲットにはなりますが、ただ単に豪華なもの、ラグジュアリーなものを提供することに重点を置くのではなく、経験に重きを置きます。

たとえば「大阪を知りたい」「大阪を探検してみたい」「大阪に来て非常に質の高い時間を過ごしたい」「何か新しいものを見つけて、それを思い出にしたい」と考えているお客様が、私たちにとってのメイン顧客だと考えています。

それに加えて、大阪駅の新しい商業施設である「グランフロント大阪」内でホテルを運営させてもらっていますので、オープン効果が追い風になっています。東南アジアや中国など外国人にも、「ぜひ、この場所に来て、いろいろな新しい店舗を体験してみたい」というお客様がたくさんいると思っています。

さらに、近くにコンベンションセンターもオープンしました。今後は法人の出張や会議などの「MICEビジネス」にも期待できると思います。グランフロント自体にオフィス棟もありますので、そちらからの集客も想定に入れています。

次ページ豪華絢爛さより、温かさ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT