米・家電見本市「CES」で目撃した新潮流とは

有機EL、AI・スマート家電にハイレゾも

賑わうPlayStation VRの展示コーナー

VR(仮想現実)は昨年のCESで最も注目されたトレンドワードの一つでした。今年の会場を見渡すと、サムスンがGear VRの特設体験スペースを設けたり、ソニーのPlayStation VRの体験展示も賑わっていました。直接VR関連の商品を持たない出展社も、自社製品のプレゼンテーションをVRヘッドセットを使って見せることで、来場者に足を止めてもらうためのマグネット代わりにしていました。

VRは次の大物の登場に期待

サムスンは毎年Gear VRの体験展示を大規模に展開

またVRヘッドセットだけでなく、ゲームコンテンツを楽しむためのコントローラーデバイスも種類が増えています。日本から出展したCerevoは、触感をフィードバックできるコントローラー「Taclim(タクリム)」を発表。手に着けるグローブ、足に履くシューズに触感を返すタクタイルセンサーを内蔵して、仮想現実世界の中にあるオブジェクトに触れる感覚をリアルに再現。筆者もブースでこれを体験して、VRコンテンツの豊かな可能性を感じた次第です。

Cerevoが開発を進める、触感が再現できるVRコンテンツ用コントローラー「Taclim」(左)足にも触感を伝える(右)
パナソニックのVRヘッドセット

パナソニックからはBtoB(ビジネス用途向け)を想定したものですが、220度のワイドな視野角を実現したヘッドマウントディスプレイの試作機が展示されました。独自開発の光学テクノロジーにより、3面のディスプレイをつないで広い視野を実現。音声はヘッドホンを使わずに、音を振動で伝える骨伝導スピーカーにより聴き取りやすさと装着感に工夫を凝らしています。プロトタイプではHDMIケーブルでPCにつなぐかたちでデモをしていましたが、将来はWiGigの高速無線伝送技術を組み込む計画もあるそうです。

次ページ北米でもハイレゾブーム到来か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。