日本で限定10台!フェラーリ「J50」の正体

少量生産の特別仕様はすでに完売済み

 

フェラーリの日本進出50周年を記念したスペシャルモデル「J50」が昨年末お披露目された。顧客の注文に応じて、ごく少量生産を行う特別部門「フォーリ・セリエ」にて製作されたというこの1台。J50はいかにして生まれたのか。来日したフェラーリのデザイン部門トップにその経緯を聞いた。

限定10台の日本専売モデル

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2016年はイタリアのスーパーカーの雄、フェラーリにとって正規輸入第1号車の275GTBがニッポン上陸を果たして50周年を迎えたおめでたい年だった。

師走の13日(火)、フェラーリ社は日本進出50周年記念式典を東京・六本木の新国立美術館で開催し、その会に先立つ記者発表会で「フォーリ・セリエ」なる新しいごく少量生産の特別モデルをお披露目した。それがJ50である。

現行ミドシップV8モデル、488 スパイダーをベースに、まったく異なるボディを与えられたJ50の生産台数はわずか10台ポッキリで、日本国内でのみ販売される。発表時点ではすでに完売済みで、10人のフェラーリ・コレクターの元に250万〜300万ユーロで嫁ぐことになっている。10人の顧客のリクエストに応じて1台1台異なる内外装色、内装の素材で仕上げられるという。

フォーリ・セリエの第1弾として位置付けられるのが、2012年に85歳で逝去したデザイン界の巨星、セルジオ・ピニンファリーナを記念するモデルだ。翌13年にピニンファリーナが製作したコンセプトカー「セルジオ」を発表し、14年に458スパイダーをベースとして6台が生産され、世界市場で販売された。

次ページ動画で見るフェラーリ J50
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。