日本で限定10台!フェラーリ「J50」の正体

少量生産の特別仕様はすでに完売済み

フェラーリの日本進出50周年を記念したスペシャルモデル「J50」が昨年末お披露目された。顧客の注文に応じて、ごく少量生産を行う特別部門「フォーリ・セリエ」にて製作されたというこの1台。J50はいかにして生まれたのか。来日したフェラーリのデザイン部門トップにその経緯を聞いた。

限定10台の日本専売モデル

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2016年はイタリアのスーパーカーの雄、フェラーリにとって正規輸入第1号車の275GTBがニッポン上陸を果たして50周年を迎えたおめでたい年だった。

師走の13日(火)、フェラーリ社は日本進出50周年記念式典を東京・六本木の新国立美術館で開催し、その会に先立つ記者発表会で「フォーリ・セリエ」なる新しいごく少量生産の特別モデルをお披露目した。それがJ50である。

現行ミドシップV8モデル、488 スパイダーをベースに、まったく異なるボディを与えられたJ50の生産台数はわずか10台ポッキリで、日本国内でのみ販売される。発表時点ではすでに完売済みで、10人のフェラーリ・コレクターの元に250万〜300万ユーロで嫁ぐことになっている。10人の顧客のリクエストに応じて1台1台異なる内外装色、内装の素材で仕上げられるという。

フォーリ・セリエの第1弾として位置付けられるのが、2012年に85歳で逝去したデザイン界の巨星、セルジオ・ピニンファリーナを記念するモデルだ。翌13年にピニンファリーナが製作したコンセプトカー「セルジオ」を発表し、14年に458スパイダーをベースとして6台が生産され、世界市場で販売された。

次ページ動画で見るフェラーリ J50
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT