日本で限定10台!フェラーリ「J50」の正体

少量生産の特別仕様はすでに完売済み

──10台すべて異なるわけですね。

「そうです。今回発表したのは走行できないクレイモデルです。輸送するために1週間前に積んできましたが、非常に注意深く動かしました。リアルなクルマじゃないから。納車は2017年からで、多くは18年に納車にされます。生産ラインでは作りません。すべてマラネロでハンドメイドします。非常にエキサイトしています。最終デザインの結果がこんなに素晴らしいとは思っていませんでした。これはマイ・ベイビーです。日本に到着したのを見て、本当に10台ポッキリでいいのかと話し合ったほどです(笑)」

デザイン、カタチが技術面と一体化

──顧客との関係を築く上でも素晴らしい戦略ですね。

「その通りです。非常に興味深いと思います」

かつてはカロッツェリアが顧客の注文に応じて一品生産した特別なモデルを「フォーリ・セリエ」と呼んだ。だからこそアウト・オブ・シリーズだったのである。フェラーリは今や自社内でフォーリ・セリエを生み出すに至った。

それにしても、ピニンファリーナやベルトーネ、ミケロッティ、あるいはジウジアーロ率いるイタルデザインと隆盛を極めたイタリアン・カロッツェリアはなぜ衰退してしまったのか? フェラーリのデザイン部門の責任者フラビオ・マンゾーニが共同記者会見で述べた次のような言葉が印象深い。

「大型プロジェクトはエンジニアリングが複雑になっている。仕事の進め方が変わってきている。以前は技術が先にあって、それからデザインしていた。現在はデザイン、カタチが技術面と一体化している」

デザイナーとエンジニアが同時進行的にそれぞれの仕事を進めなければならない。外部のカロッツェリアは参考となるアイディアを提供するだけの存在になっているのだ。フェラーリ J50はマーケティング的にも技術的にも、今後のスーパーカーづくりにおいて示唆に富んだ作品だと位置づけることができるだろう。

(文:今尾直樹)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT