ジャガー初のSUV、乗ってわかったその真価

日本上陸した「Fペース」はどんなクルマか

市販には至らないだろうと踏んでいたのだが…

「ええー!ジャガーまでSUVを出すの!?」

ジャガー初のSUVとして日本に上陸した「Fペース」。この夏、納車が始まったクルマの原型となった「C-X17」がデビューしたのは、2013年のフランクフルト・ショーだった。

ランボルギーニ「ウルス」、マセラティ「レヴァンテ」と、スポーツカー・メーカーからSUVのコンセプトカーが続々と登場していた時代である。とはいえ、SUVの頂点と謳われるレンジローバーと社内で共食いをする理由など見当たらない、と当時は思った。

SUVを作るワケ

ジャガーは2010年にラルフ・スペッツ氏がCEOに就任して以降、セダンのラインナップを一新すると同時に、スポーツカー・メーカーへの回帰を謳って「Fタイプ」のようなピュア・スポーツカーを登場させて、硬派な姿勢を見せていた。それもあって、ランボルギーニ同様、2013年のフランクフルト・ショーでは、コンセプトカーを登場させたものの、市販には至らないだろうと踏んでいた。

ところが、コンセプトカーとして登場させた「C-X17」は、実は4台も制作されており、世界中に送り出して反響を集めたところ、存外、評判がよかったらしく、コンセプトカーから3年越しで「Fペース」を発売にこぎつけた。ソリハル工場に5年で15億ポンドの投資をして、最新鋭の生産設備に生まれ変わらせ、アルミ製プラットフォームを刷新し、2リッターディーゼルエンジンも新たに採用した。再生アルミの使用率を2020年までに75%に高める方針も敷いている。

ジャガーといえば、超高級車のイメージがつきまとう。実際、メルセデス・ベンツに乗る部長クラスの友人も、「俺なんか、ジャガーは到底手が届かないなあ」と話すが、エントリーモデルの「XE」は439万円から、「Fペース」のエントリーモデルも639万円からと、べらぼうに高いクルマでもない。

次ページ月々2万円以下でジャガーオーナーに!?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT