「愛するがゆえ」に子どもを苦しめる親の特徴

それは成長できない親の悪あがきにすぎない

「そんなことを言って、大事なわが子に何かあったらどう責任を取ってくれるんだ!?」と反論する親御さんもいらっしゃるでしょう。しかし、残酷かも知れませんが、子どもは社会に出たら、自分の力で自分の人生を切り開いていくしかないのです。そのためには、自己判断能力を育てることが必要です。

ここで親が「あなた1人で出来るはずがない」「まだまだ親のサポートが必要だ」と子どもを保護してしまうと、自己判断能力が育つのを阻害します。子どもを信頼するためには、より深い愛情と忍耐が必要で、親としての成熟と覚悟が必要なのです。

なんだかんだと親のせいにして、実は子どもの依存心が大きく、自身が自立できないだけなのでは……というご意見もあるとは思います。しかし、親と子との上下関係は生物学的観点から見ても絶対なのです。ですから、親から改善する必要があります。子どもからは、なるべく我慢する、出来るだけ接触を断つ、反抗する、くらいしか術がないのですから。

親も子とともに成長していかなくてはならない

そして何より、親が子どもを思うように、子どもにも親への愛情があります。大切に育ててもらったという思いがあるからこそ、自分の気持ちと親の意向のはざまで葛藤するのです。それを、是非理解していただきたいものです。

「子育ては、自分育て」というように、親も子どもとともに成長します。親の過剰な心配は、成長しきれていない親の悪あがきのようにも映ります。子どもの成長に追い抜かれないよう、親自身も自分を大切に育んでいって欲しいと願います。 お互いが信頼で結びつくことができれば、きっと素晴らしい親子関係を築くことができると信じています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。