海外留学を「カネで迷う人」は働ける国へ行け

語学ができなくても大丈夫な3大留学先

語学ができなくても働きながら留学できる国があります(写真:Graphs / PIXTA)

「○○したいけれどおカネがない」と「おカネがないから○○できない」は同じ意味のようで、大きく違う。前者は資金の目途がつけば実行するが、後者は資金不足を口実に実行をあきらめるつもりだ。○○にあてはめられるのは「起業」や「結婚」などいろいろ考えられるが、「海外留学」についてもよく言われる。

学生あるいは社会人であっても、英語を身に付けたり、日本にはない文化や風習、ビジネススキルなどを学んだりするために海外へ留学に行きたいと思っても、その費用がネックで迷う人、あきらめる人、あるいは過去にあきらめた人もいるかもしれない。

海外留学の資金不足への解決の選択肢は極めてシンプルだ。

1. 貯める(貯金)
2. 借りる(教育ローン等)
3. もらう(返済不要の奨学金や家族の支援等)
4. 払わない(ノルウェーのように学費が免除になる国へ留学する)
5. 稼ぎながら学ぶ

この5つしかない。現実にはほとんどの留学希望者が奨学金を得られるほど優秀でもなければ、家族からの支援も受けづらいという人である。貯まるのを待っていたら、どんどん年をとるばかりでいつ実現できるかわからない。

語学力が未熟でも働ける3大留学先

そういう人は、5つ目のオプションを選ぶ方法がある。働きながら学べる国へ行けばいい。本当に学ぶ気があれば、年齢、語学力、成績に関わらず、留学生として学ぶかたわら、アルバイトをして生活費を稼ぐ権利をもらえる国がある。それも語学力が未熟でも働ける3大留学先があるのをご存じだろうか。

次ページその3大留学先とはどこか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT