海外留学を「カネで迷う人」は働ける国へ行け

語学ができなくても大丈夫な3大留学先

語学ができなくても働きながら留学できる国があります(写真:Graphs / PIXTA)

「○○したいけれどおカネがない」と「おカネがないから○○できない」は同じ意味のようで、大きく違う。前者は資金の目途がつけば実行するが、後者は資金不足を口実に実行をあきらめるつもりだ。○○にあてはめられるのは「起業」や「結婚」などいろいろ考えられるが、「海外留学」についてもよく言われる。

学生あるいは社会人であっても、英語を身に付けたり、日本にはない文化や風習、ビジネススキルなどを学んだりするために海外へ留学に行きたいと思っても、その費用がネックで迷う人、あきらめる人、あるいは過去にあきらめた人もいるかもしれない。

海外留学の資金不足への解決の選択肢は極めてシンプルだ。

1. 貯める(貯金)
2. 借りる(教育ローン等)
3. もらう(返済不要の奨学金や家族の支援等)
4. 払わない(ノルウェーのように学費が免除になる国へ留学する)
5. 稼ぎながら学ぶ

この5つしかない。現実にはほとんどの留学希望者が奨学金を得られるほど優秀でもなければ、家族からの支援も受けづらいという人である。貯まるのを待っていたら、どんどん年をとるばかりでいつ実現できるかわからない。

語学力が未熟でも働ける3大留学先

そういう人は、5つ目のオプションを選ぶ方法がある。働きながら学べる国へ行けばいい。本当に学ぶ気があれば、年齢、語学力、成績に関わらず、留学生として学ぶかたわら、アルバイトをして生活費を稼ぐ権利をもらえる国がある。それも語学力が未熟でも働ける3大留学先があるのをご存じだろうか。

次ページその3大留学先とはどこか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT