「勉強力」が皆無な高校生の、ひどすぎる現実

模範解答を事前に配る「教育困難校」の試験

試験で求められることは、問題の解答を「考える」ことではないという実態があった(写真:Graphs / PIXTA)
「教育困難校」という言葉をご存じだろうか。さまざまな背景や問題を抱えた子どもが集まり、教育活動が成立しない高校のことだ。
大学受験は社会の関心を集めるものの、高校受験は、人生にとっての意味の大きさに反して、あまり注目されていない。しかし、この高校受験こそ、実は人生前半の最大の分岐点という意味を持つものである。
高校という学校段階は、子どもの学力や、家庭環境などの「格差」が改善される場ではなく、加速される場になってしまっているというのが現実だ。本連載では、「教育困難校」の実態について、現場での経験を踏まえ、お伝えしていく。

「一夜漬け」さえしない生徒たち

12月に入るとクリスマスや年末年始のイベントと、世間は急に慌ただしくなる。一般受験を目指す受験生にとっては、最も嫌な時期だ。受験生ではなくても、2学期制を採用している高校の生徒を除いた高校生にとって、12月上旬は2学期末の期末試験の時期である。将来の進学を目指して、成績や学力を気にする高校生たちには、世間が浮足立つこの時期の試験準備は、誘惑に負けないように気持ちを強く持たなければならない厳しい試練となるが、「教育困難校」の生徒たちにとっては、普段の試験のときとまったく変わらない日々である。

高校生ともなれば、定期試験に向けて少なくとも1週間くらい前から、計画的に試験勉強をすると一般的には考えられているだろう。しかし、この高校生像は「教育困難校」の生徒には当てはまらない。試験前に試験勉強をすることを彼らに期待しては、失望するだけだ。スケジュールを立てて計画的に勉強するどころか、一夜漬けさえしない生徒もいる。

次ページ勉強する経験がそもそもない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。