間違いだらけ!インフルの正しい「怖がり方」

「検査もしないし薬ものまない」という選択肢

今、インフルエンザの検査をして(+)反応が出るまで、毎日受診する患者さんが後を絶たないという状況です。しかし、ここまでご説明したように、検査が絶対でない以上、せっせと検査して、インフルエンザで陽性が出た人だけ隔離するという今のやり方がいいとは到底思えません。

休める・休ませる体制づくりと予防でできること

ここでひとつ、思考の転換、変化をしてほしいと思います。インフルエンザの検査にばかりこだわるのでなく、感染・伝播予防にはもっといい方法があります。それが以下です。

① 38℃近い発熱があれば休める・休ませる
② 38℃近い発熱がなくても、風邪症状がつらいのであれば休める・休ませる
③ 解熱して出勤するとしても、手指衛生の徹底を指導する
④ 解熱して出勤するとしても、咳エチケットの徹底を指導する

 

まず、検査結果によらず「38℃近い発熱があれば休める・休ませる」ということ、これが一番重要です。そうすれば、感染力のより高い期間は検査では(ー)だけど実は(+)という「隠れインフル」の人でも、職場などに来ないことになります。

学校保健法では、インフルエンザの感染性のある期間として、「症状が出てから5日かつ解熱後2日」と定めています。当然この期間をフルで休むことができれば、より伝播しにくいことは間違いありません。しかし、この期間とて100%感染性がなくなっているわけではありません。感染性のある期間は長いと症状が出てから7日間ともいわれています。

そもそも、インフルエンザだけ取り除けばいい、とそこだけに注目しているのもおかしくはないでしょうか?ほかの感染力の強い風邪だってたくさんあるわけです。

こういうと、「現実問題、熱があるくらいで、仕事を休めるはずがない」という声もたくさん聞こえてきそうです。しかし、そこまでして職場に出て、病気を蔓延させれば、組織全体の仕事に支障をきたします。

高熱があって感染性の高い病気かもしれないのに、仕事に出てこなくてはいけない会社のリスク管理は一体どうなのか?一度、管理職の方などには真剣に考えてみてほしいのです。

次ページワクチンを打ったから安心とはいかない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT