林野庁の女性漫画家、今日も森の魅力を描く

自分らしく、好きなことを仕事にする方法

自然への思いを込めて、山で見るものを描き続けてきた

平田さんは人生を「山登り」に例える。

「つらいとき、苦しいときも、次の一歩だけを考えて登っていきます。状況を変えたいときには、何かパーッとできないかなと思いがちですが、前に進むには一歩ずつしかない。子どもの靴を履かせる。電車に乗り込む。漫画を描く。一歩ずつ歩みを進めていって、気がついて後ろを振り返ったら、『何とか終わってたね。無事に過ごせたね』と思えれば幸せなのだと思います」

仕事でも家庭でも、「やりたいこと」を実現する際の近道はない。平田さんは今日も一歩ずつ、地を足でつかみながら山を登り続ける。

「一歩ずつ山を登っていって、ふと気がつくと尾根に出る。そこに美しい景色が広がっているんですよね」

そう話す平田さんの前には、これまで描き続けてきた、たくさんの色鮮やかな挿絵や漫画が広がっていた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT