花王-カネボウ連合の誤算

美白化粧品回収で、資生堂との“王座争い"に悪影響も

業績に与える直接的な影響としては、回収や返金に関連して約50億円の費用が発生する見込みで、特別損失としての計上が見込まれる。また、対象54品目の国内売上高は年間約50億円。海外ではアジアを中心に同10億円の規模がある。カネボウ化粧品の直近決算である12年12月期の売上高は1500億円(9カ月の変則決算。11年度は12カ月で同1900億円)と、今回、自主回収する商品が全体に占める割合は数%程度と極端に大きいワケではない。

ブランドイメージと主力販路に悪影響も

ただ、気掛かりなのは、ブランドイメージに悪影響が及ぶ可能性があることと、自主回収商品の主力販路がドラッグストアだということだ。百貨店、化粧品専門店などさまざまある化粧品の販路の中でも、ドラッグストアはもっとも売り場争奪戦が厳しい。店側としても、ある商品が突如なくなれば、そのスペースを別の商品で埋めなければならない。つまり、他社製品に取って代わられ、カネボウ化粧品は売り場を失う可能性がある。

同業大手のコーセーは、2年前の東日本大震災直後、物流倉庫の被災により商品供給が滞った際、ドラッグストアにおける存在感を低下させてしまった。供給能力が完全に回復した後も、すでにドラッグストアの売り場は他社の製品で埋まっており、売り場と売り上げを震災前の状態に取り戻すのに、1年以上の時間を要した。

「棚の入れ替えは新製品の発売が相次ぐ春先、秋口に行うため、その時期にあわせ他社より魅力的な製品を出せなければ、売り場の奪回は難しい」(業界関係者)。今回、カネボウは「別ブランド、別商品で売り場提案を行っていく」としているが、補いきれるかは未知数だ。

国内の化粧品業界では最大手の資生堂が振るわない中、花王・カネボウ連合が年々少しずつ追い上げ、現在は両者ともに1割強のシェアで拮抗している。カネボウ化粧品が06年に花王の傘下に入って以来、店頭美容部員の削減や広告宣伝の効率化も進捗しており、カネボウ単体の収益も大きく回復しているところだった。そんな矢先に起きた今回の事態。花王・カネボウ連合にとって痛手となる可能性は低くない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。