英語不要論者こそ「売国奴」だ

英語とITは子供の将来に必要不可欠

日本という国は、どんな外国語も日本語化してしまい、元の言語とは違うものにしてしまう。そういう国である。英語にしても、発音をカタカナ読みで日本語化してしまい、そのうえ勝手に和製英語も作ってしまう。言語に限らず、外国文化を取り入れて自国製に作り替えてしまうところがある。

実はこれが、日本人が外国語がうまく習得できない大きな原因だと、私は、このときあらためて気がついた。

私は漢詩が好きで、特に李白が大好きだ。李白のいくつかの詩は暗記している。しかし、これは日本語の文脈で暗記しているだけで、中国語としてではない。暗記しているのに、本来の読み方も発音も知らないのだ。

これでは、それが本当に好きだと、どうして言えるだろうか?

そう思って以来、私は李白を「りはく」とは言わず、「リーバイ」と言うようにした。そして、暗記した漢詩もなるべく中国語発音で読めるように切り替えた。

英語に話を戻すと、現在、日本で行われている英語教育は、英語に名を借りた日本語教育なのである。だから、これをいくら早期教育で始めようと、英語ができるようにはならないだろう。

言語はそれが使われているかたちで、そのまま受け入れていくしかないからだ。

言語とはアプリの一つ

実は私も、娘の日英ちゃんぽん言葉を聞いて、英語不要論者と同じような不安を抱いたことがある。しかし、それを知り合いで、言語を研究していた大学教師に言うと、次のような説明が返ってきた。

「こう考えるといいと思うね。人間の脳は、コンピュータにたとえるとハードディスクだ。ただ、コンピュータはハードディスクだけでは仕事ができない。アプリケーションが必要だ。このアプリをインストールする必要がある。言語とは、そうしたアプリのひとつだとね」

「なるほど、そうすると、日本語とか英語とかいろいろな言語アプリがあるというわけだ」

「そうだ。この言語アプリのインストールは早いほどいい。そうでないと脳が固まってしまい、インストールしてもうまく作動しなくなるのだ」

次ページ国際バカロレアを日本化する愚
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT