英語不要論者こそ「売国奴」だ

英語とITは子供の将来に必要不可欠

なぜ、そんなことをする必要があるのだろうか?

ここまで書いてきたことから言えば、これはやる必要のないことだと私は思うが、どうだろうか?

日本語授業が導入されるのは、生物、化学、世界史、政治経済などで、カリキュラム全体の3分の2だという。結局、英語、数学、芸術は、従来どおりというのだから、わざわざ日本語授業を導入する意味はほとんどない。IBはもともと欧米の大学に進学するためのものだ。それを日本語にしてしまってどうするのか?

「認定校を今後5年で200校」にするという目標を先に掲げたために、日本語を導入したとしか私には思えない。これでは、子供たちがかわいそうだ。

中学2年生が語った日米教育の未来

最後に、英語教育の後れと同じくらい深刻な、日本の教育の問題を書いておきたい。それは、教育現場へのIT導入の決定的な遅れだ。デジタルネイティブの時代が来ているのに、日本の教育現場は、いまだに黒板を使い、教師が書いたものを子供がノートに書き写す。そして、それを暗記してテストするということを、何の疑いもなくやっている。

これは、英語を話せなくするのと同じく、子供たちの将来を奪う、ある意味で“犯罪”だ。

このことを、私たちに痛感させてくれた動画があるので、読者の皆さんにはぜひ見てもらいたい。この動画に登場する、角南萌さんは、現在アメリカンスクール•イン•ジャパン(ASIJ)に通う中学2年生。「全国小・中学生作品コンクール(パソコン部門)」において文部科学大臣奨励賞を受賞、また、昨年リリースしたタイマーアプリ「見えるプレゼンタイマー」は4万ダウンロード記録し『アプリ甲子園2012』(「Edu×Tech Fes 2013 U-18」)で優勝している。

彼女は、この優勝のプレゼンで、日米の教育を語った。それが見てもらいたい動画である。

次ページITなくして、自立なし
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。