トランプ勝利は米国社会の病弊を映し出した

勝利後に「団結」をアピールも、分断は深刻化

「分裂を乗り越えて対話を」と書かれたプラカードを抱える男性(撮影:肥田美佐子)

米国史上「最も醜悪」な争いといわれた大統領選挙が幕を閉じた。

当初は泡沫扱いされた共和党候補のドナルド・トランプ大勝というビッグサプライズ。米主要メディアのほとんどが、民主党候補のヒラリー・クリントン支持という構図の中、選挙速報の最中に、「ジーザス(クソ)!」と思わず本音を漏らした著名男性キャスターさえいた。

今回の大統領選では、共和党幹部がトランプのセックススキャンダルや人種差別的発言などを問題視。相次いで自党の大統領候補の不支持を表明するなど、党が分裂する前代未聞の事態に陥った。

白人男性票の獲得が勝負の決め手

一方のクリントン側も、国務長官時代に公務で私用メールを使っていた問題が傷となって、終盤まで接戦に持ち込まれていた。投票日直前にFBI(米国連邦捜査局)が訴追を見送ったことで逃げ切ったかと思われたが、最後にまさかの大逆転劇が待っていた。

「驚くべき勝利だ。クリントンに対するノーでもあるが、トランプは白人男性の票を大差で獲得した。これが、勝利のカギとなった」と、米ロヨラ・メリーマウント大学の教授で世界政策研究所所長を務めるマイケル・ジェノビースは指摘する。

共和党予備選でトランプに敗れ、今年夏の共和党全国大会で登壇した際、同候補の支持を拒んで会場からブーイングを浴びたテッド・クルーズ上院議員も、「米国の労働者にとって驚くべき勝利」とトランプを称賛した。

次ページTPPはどうなる?
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。