大揺れ日本株!「トランプショック後」の行方

今後のカギは勝利宣言「3つの言葉」にある

日本株はトランプ次期大統領でどうなるか。上昇には「3つのポイント」がある(写真:AP/アフロ)

米大統領選挙でドナルド・トランプ氏の勝利が確定した。トランプ氏はこれまで、反資本主義・反グローバル主義の過激発言を繰り返して、世界を驚かせてきたため、11月9日の東京時間で大統領選の開票が進み、トランプ氏優勢が伝えられると、日経平均は下げ足を速め、前日比919円安の1万6251円まで売り込まれた。

ショックを緩和した勝利宣言の「3つの内容」とは

この緊急特集の一覧はこちら

ただし、トランプ氏がその後行った大統領選「勝利宣言」の内容は、とりあえず株式市場に好感される内容で、ショックを緩和する効果があった。以下がその抜粋だ。

1)すべての共和党、民主党の党員に対して、米国の国民として団結することを訴えたい。

2)すべての国と共通のグラウンドを持ち、良好な関係を築いていきたい。

3)高速道路・橋・トンネル・空港・学校・病院といった社会インフラを再建する。インフラ再建で何百万人の雇用を生み出したい。

これまでの過激発言、「イスラム教徒の米国への入国を禁止する」、「メキシコとの国境に壁を築く」、「中国からの輸入品に45%の関税をかける」などとは異なる前向きな国づくりを目指す内容といえる。

トランプ氏のこれまでの「過激発言」には選挙向けのパフォーマンスがかなり含まれていたと考えられる。ただし、大統領に決まっただけで、暴言癖が急におさまるとも考えにくい。これから過激発言をどれだけ修正できるかは、未知数だ。しばらく、トランプ氏の発言に世界の金融市場が振り回される展開が続きそうだ。

次ページトランプが市場にさらに好感されるためには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT