大揺れ日本株!「トランプショック後」の行方 今後のカギは勝利宣言「3つの言葉」にある

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

上記の3つとも関連するが、今後トランプ氏から、以下1~3につながる発言が出れば市場に好感される。

党主流派との和解・国際協調・公共投資に注目

1)共和党主流派との和解を目指す発言

共和党は今回の選挙で、米議会の上下院で多数派を確保した。したがって、共和党のトランプ大統領は、やりようによっては強い大統領になることができる。ただし、トランプ氏がこれまでのように共和党主流派と反目したままだと、何も実行できなくなる。トランプ不支持を表明した共和党議員まで含めて、共和党主流派と融和をはかる姿勢を見せると、政策運営がスムーズに運ぶ。

2)国際社会とのつながりを重視する発言

トランプ氏は、これまでイスラム教国を目の敵にする発言を繰り返してきた。このままでは、サウジアラビアなど中東の親米国との関係まで悪化する懸念がある。

また、米国に工業製品を輸出する国々(メキシコ・中国・日本)を米国の雇用を奪うと非難し、自由貿易を否定する主張を繰り返してきた。米国が保護貿易主義に走れば、世界経済にも米国経済にもダメージが及ぶと懸念されている。今後、こうした海外に対する攻撃的発言を控え、現実的な外交・経済戦略を目指す姿勢を見せれば好感される。

3)大規模な景気対策(公共投資)を実行し、米景気を強くする発言

かねてから、トランプ氏は社会インフラ再建のために大規模な公共投資を実行する方針は打ち出していた。世界的に金融政策で景気を回復させることの限界が意識される中、米国が公共投資を強化する姿勢を見せれば、世界景気にも好影響が及ぶと考えられる。

トランプ氏が突然金融市場に好感される人物に変わるわけはないが、勝利宣言の文言は、とりあえず上記1―3につながる内容を含んでいたので好感された。

次ページ本当に現実路線を選択できるのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT