トランプ勝利は米国社会の病弊を映し出した

勝利後に「団結」をアピールも、分断は深刻化

トランプの政界への登場は米国社会の分断をあらためて浮き彫りにした。

クリントンを支持したニューヨーク在住コンサルタント、アイビー・コーエンは、「移民との対立拡大など、トランプは二極化と分断を生む人物。今後、米国の分断はますます深刻化していくだろう」と悲嘆する。

ニューヨーク・タイムズ(11月3日付)によると、投票日前に同紙とCBSニュースが行った調査で、大多数の有権者が米政治の現状にうんざりし、歴史に残る醜悪な選挙戦が展開された後では国を一つにまとめるのは難しいと答えたという。また、共和党員の85%は、党は分断されていると考えている。

金融市場も動揺

「次期大統領は、大きく分裂した国を引き継ぐことになり、国を治めるのに苦労するだろう。第3党が台頭する可能性もある」と、ジェノビースは見る。

当記事は「週刊東洋経済」11月19日号<14日発売>からの転載記事です

トランプは9日未明の勝利宣言で、一転して「団結」をアピール。ポピュリスト(大衆迎合主義者)としての変わり身の早さを見せた。

金融市場においては、トランプ優勢が伝わり、日経平均株価は920円安の大幅下落に見舞われた。が、その後に取引を開始した米国NYダウは256ドル高と上昇するなど、想定外の状況に評価はまだ定まっていない。

視界不良の中、米国はどこへ進むのだろうか。

(文中敬称略)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。