復調マクドナルド、「3期ぶり黒字」が視野

通期業績予想を上方修正

 11月9日、日本マクドナルドホールディングスは、2016年12月期の連結業績予想を上方修正した。新商品やバリューランチの導入などが奏功しており、3期ぶりの最終黒字の達成が見えてきた。写真はマクドナルドのロゴ、ジョージアで6月撮影(2016年 ロイター/David Mdzinarishvili)

[東京 9日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス <2702.T>は9日、2016年12月期の連結業績予想を上方修正した。新商品やバリューランチの導入などが奏功しており、3期ぶりの最終黒字の達成が見えてきた。

連結売上高は2200億円から2250億円(前年比18.8%増)、営業損益は33億円の黒字から50億円の黒字(前期は234億円の赤字)、最終損益は10億円の黒字から38億円の黒字(同349億円の赤字)へと引き上げた。

改装効果や限定メニューの投入などで、既存店売上高が好調に推移している。今年1月以降、既存店は客数・客単価ともに全ての月でプラスが続いている。

 (清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。