「男女平等」になれば世界経済は25%成長する

女性の活躍は道徳的、そして経済的に正しい

男女の社会的平等がもたらす効果は大きい (写真: bst2012 / PIXTA)

国連は1年前、17の持続可能な開発目標を採択した。その一つは2030年までに真のジェンダー(男女区別)平等を実現しようというものだった。

女性の社会的地位向上は道徳的に正当であり、経済的にもメリットがある。最近の調査報告では、男女格差が多大なコストを生んでいることが確認されている。

国連事務総長の諮問機関である賢人会議「ハイレベルパネル」の報告によると、国家が男女間の社会的平等を進めれば、教育・健康面の改善や1人当たり所得の増加、経済成長の加速、国際競争力の強化などにつながるという。

学歴格差は解消されているのに

MGI(マッキンゼー・グローバル・インスティテュート)の報告によると、労働市場での男女格差を解消すれば、世界のGDP(国内総生産)の合計は25年までに12~25%増えると予想される。別の調査報告によると、日本や韓国、ドイツ、ペルシャ湾岸諸国など、女性の就業率が低い国々では特にこうした傾向が強いという。

世界全体で小学校を卒業する女児の比率は現在、90%を超えている。大半の地域で大学を卒業する女性の数が男性より多い。こうした状況にもかかわらず、男女間の就業比率には職種を問わずまだ隔たりがある。15歳以上の女性の就業率は世界全体では約50%と、男性の約75%を下回る。

女性の給与水準は男性と比べると低く、労働条件は劣悪で、昇進の機会も限られている。企業や政府で、指導的な地位に立つケースも少ない。女性経営者が率いる企業は、男性をトップとする会社よりも小規模で従業員も少なく、高収益な事業を手掛ける機会に恵まれていない。

次ページ女性の労働環境はまだまだ劣悪だ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT