「南シナ海」はASEANを曲がり角に追い込んだ

50周年を機に、全会一致原則の修正が必要だ

南シナ海・西沙諸島のウッディー島をパトロールする中国人民解放軍の兵士。1月29日撮影(ロイター)

創立50周年を来年に控えたASEAN(東南アジア諸国連合)が岐路に立たされている。南シナ海での中国の領土要求に対して明確な立場を示していないからだ。

これまで全会一致を原則とするASEANの意思決定方式により、異なる国々は国益を守りながらも結束できていた。しかし今、安全保障上の緊急課題に対応できない実態があらわになっている。

2001年の9.11テロの際にASEANが共同歩調を示せなかったのは全会一致原則が理由だった。最近の北朝鮮による核実験などの暴挙に対し断固とした行動を取れないのも、加盟国の一部が北朝鮮に同情しているからだ。

そして南シナ海問題はこの限界を示す象徴的な事例となっている。16年7月のASEAN外相会合でも、その2週間前に常設仲裁裁判所が中国の領有権を認めない決定を下した事実を共同声明に盛り込めなかった。

「平和の維持と強化」への疑念

ASEAN憲章の冒頭には「平和の維持と強化」がうたわれている。しかし南シナ海問題が浮上し、ASEAN加盟国政府や国民は憲章に疑念を募らせている。この行き詰まりは加盟国間の関係をも危険にさらしかねない。

ASEANが全会一致というジレンマを解決するために、やるべきことはいくつかある。

次ページ多数決導入の前例はある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。