起業100のアイデア

この国には起業家がもっと必要だ!

ここ最近、ベンチャー企業の活躍が目立つようになったのは偶然ではない。

「潮目が変わったのは2010年ごろ。ソーシャル、スマートフォン、クラウドといった成長テーマが出てきて、ベンチャーの起業が活発になった」とグロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナー、仮屋薗聡一氏は話す。

インターネット業界では、以前はSNS(交流サイト)上で提供されるソーシャルゲームを手掛けるベンチャー企業ばかりが目立っていたが、今は違う。今回の特集で取り上げているように、ソーシャル、スマホ、クラウドをフルに活用して、新たな決済方法やEC(電子商取引)システムが生まれ、これまで手薄だった教育分野や人材のマッチング分野などでも多種多様なサービスが誕生している。

ものづくりの分野も負けていない。多くの優れたアイデアから世界初の製品が生まれている。ITを活用することで、古い体質を持つ産業に変革を起こすことも、ベンチャー企業が得意としていることだ。

次ページ起業を後押しする インフラコストの下落
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。