最新!「ビジネス書」トップ200冊ランキング

1位には「学力の経済学」が返り咲き

トップに輝いたのは『「学力」の経済学』だった(写真:msv/PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月9日から15日のランキングだ。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(9~15日)のランキングでは、『「学力」の経済学』が首位に返り咲いた。これはTBS系列『林先生が驚く 初耳学!』効果。9月25日に続いて10月9日の放送でも著者の中室牧子氏が登場。「出身大学と収入」というテーマで、衝撃の教育論を論じたことで、大きく注文が伸びた。

2位を守っているのが『最強の働き方』。7週連続でトップを守ったが、その後は3週連続で2位の座を守っている。

次ページ以降、196位までのランキングを掲載する。秋の夜長は読書にうってつけだ。自分を磨くための価値ある本を探すための参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。