最新!「ビジネス書」トップ200冊ランキング

1位は引き続き「学力の経済学」

『「学力」の経済学』がヒット街道を驀進している(写真:On and On / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月16日から22日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(10月16~22日)のランキングでは『「学力」の経済学』が2週連続でトップに輝いた。これはTBS系列『林先生が驚く 初耳学!』の効果だ。9月25日に続いて10月9日の放送でも著者の中室牧子氏が登場したことで大きく注文が伸びたという。昨年6月に発売となった本だが、まるで新刊本のような売れ行きをみせている。

2位は『最強の働き方』。7週連続でトップを守ったが、その後は4週連続で2位の座を守っている。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。