アマゾン売れ筋ビジネス書ランキング200冊

小山昇著「IT心理学」が1位に

11月第1週の売れ筋は?(写真:w/b / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月30日から11月5日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

1位に輝いたのは、小山昇氏の最新刊『IT心理学 ―ブラック企業を脱却し、ホワイト企業になるための55の心得』(プレジデント社)。残業に頼っていた体育会系体質のブラック企業から脱却し、ホワイト企業になるためには「IT」を活用するべき、と説く。心理のツボを押さえることにより、目覚ましい効率の向上を図れるという。

前週の275位から一挙にトップに躍り出た格好だが、当初発売日が10月28日であったところ10月31日になったことから注文が跳ねたようだ。11月1日(火) に日本経済新聞への広告掲載があったことも、大きく跳ね上がった要因のひとつといえそうだ。

次ページ以降、トップ200冊を紹介する。ビジネス書を選ぶうえでの参考にしてほしい。

 

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT