ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

トップは100年生きる時代の「LIFE SHIFT」

先週もっとも売れたビジネス・経済書は?(写真: tomos / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜から土曜まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、11月6日から12日のランキングである。なお、「前週順位」は、前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今回、はじめてランキング1位に躍り出たのがリンダ・グラットン氏の『LIFE SHIFT』。誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる長寿社会を楽しむためのバイブルである。同書は10月21日の発売以来、売れ筋上位にあったが、前回までのランキングでは集計対象に入っていなかったため、今回のランキングが初登場になる。

日本時間の11月9日に行われた大統領選挙の影響もあり、米国の政治・経済に関連する書籍がランキングを引き上げている。もちろんビジネス・経済書だけでなく、さまざまな分野でトランプ関連の書籍が賑わうことになりそうだ。

 

次ページ1~48位はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT