ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

トップは100年生きる時代の「LIFE SHIFT」

先週もっとも売れたビジネス・経済書は?(写真: tomos / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜から土曜まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、11月6日から12日のランキングである。なお、「前週順位」は、前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今回、はじめてランキング1位に躍り出たのがリンダ・グラットン氏の『LIFE SHIFT』。誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる長寿社会を楽しむためのバイブルである。同書は10月21日の発売以来、売れ筋上位にあったが、前回までのランキングでは集計対象に入っていなかったため、今回のランキングが初登場になる。

日本時間の11月9日に行われた大統領選挙の影響もあり、米国の政治・経済に関連する書籍がランキングを引き上げている。もちろんビジネス・経済書だけでなく、さまざまな分野でトランプ関連の書籍が賑わうことになりそうだ。

 

次ページ1~48位はこちら
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。