銀行との「間違った付き合い」が会社を滅ぼす

有利な条件で取引する手はいくらでもある

漫然と銀行と付き合っていてはダメです(写真:tooru sasaki / PIXTA)

TBS日曜劇場の連続ドラマ『下町ロケット』がヒットを飛ばしています。その中で描かれた印象的なシーンのひとつが、主人公・佃航平が経営する中小企業の「佃製作所」が、銀行から融資を断られて苦境に立たされる場面。これが実際の話だったら最悪は倒産に追い込まれかねません。

中小企業にとって資金繰りは生命線。銀行との付き合いがいかに大事かということです。私は中小企業向けのコンサルティング会社を経営し、600社以上を指導した経験があります。そのうえで失礼を承知で申し上げると、ほぼすべての経営者が、おカネと銀行のことについて、あまりにも無知で無策です。

「赤字の会社には、銀行はおカネを貸してくれない」
「借金はしないで、無借金経営をすべきだ」
「借り入れた一部を定期預金にしないと借りられない」
「一度抵当権がつけられたら、外すことはできない」
「金利が高いと損をするので、できるだけ安く借りたほうがいい」

 

多くの経営者が抱いている、こうした考えも、私に言わせればすべて間違いです。世の中に「これが正しい」はありません。やりようはいくらでもあるのに、多くの社長はあまりにも知識が少ない。「銀行はおカネを貸してくれない」とあきらめてはいけません。

おカネを借りやすい支店がある

みなさんが、自宅を購入するために、銀行からおカネを借りようと思ったとします。そのとき、どの銀行のどの支店へ行きますか?「家からいちばん近い」あるいは「最寄り駅からいちばん近い」銀行の支店でしょうか。

普通はそのどちらかでしょう。でも、実は同じ金融機関に借りに行くとしても、どの支店に行くかはかなり重要です。最寄り駅じゃなくて、たとえば隣の駅に近い支店に行ったとします。たったそれだけの違いで、借りられる金額が変わり、さらには融資の可否さえも決まってしまうことがあるのです。

銀行は、店舗によって役割が違います。おカネを「集める」ことを主とした店舗もあれば、おカネを「貸す」ことを主とした店舗もある。管理畑の行員が箔(ハク)をつけるために配属される支店もある。当然、支店ごとの決済額も異なります。

副支店長から昇進した支店長の決裁額が5000万円だとすると、支店長を歴任した人が着任する支店の決済額は、その倍の1億円にはなります。絶対にそうだ、と言い切ることはできませんが、その可能性が大きいのです。だとすれば、7000万円の借り入れが必要なら、1億円の決済額を持つ支店に行ったほうが、おカネを借りやすい。どの支店に足を運ぶかはそれほど重要な問題です。

次ページ支店ごとに決済額が違う?その見分け方とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。