最新!「ビジネス書」トップ200冊ランキング

1位には「学力の経済学」が返り咲き

トップに輝いたのは『「学力」の経済学』だった(写真:msv/PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月9日から15日のランキングだ。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(9~15日)のランキングでは、『「学力」の経済学』が首位に返り咲いた。これはTBS系列『林先生が驚く 初耳学!』効果。9月25日に続いて10月9日の放送でも著者の中室牧子氏が登場。「出身大学と収入」というテーマで、衝撃の教育論を論じたことで、大きく注文が伸びた。

2位を守っているのが『最強の働き方』。7週連続でトップを守ったが、その後は3週連続で2位の座を守っている。

次ページ以降、196位までのランキングを掲載する。秋の夜長は読書にうってつけだ。自分を磨くための価値ある本を探すための参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT