最新!「ビジネス書」トップ200冊ランキング

「ビジネス版悪魔の辞典」が急上昇

『ビジネス版 悪魔の辞典』が1位に!(写真:Yayimages / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。今週は月曜日が祝日だったため火曜日のお届けになる。

本日お届けするのは、10月2日から10月8日のランキング。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

圏外から一気に1位に跳ね上がったのが『ビジネス版 悪魔の辞典』。早稲田大学ビジネススクールの山田英夫教授による、皮肉の効いた、笑えそうで笑えないビジネス用語集だ。なぜ跳ね上がったのか。アマゾンの分析によると、10月2日にある個人が行ったツイートが何万件もリツートされる中で火が付いたようだ。

241位から13位へ急伸した『チーズはどこへ消えた』は、10月2日夜のテレビ番組で、日ハム大谷選手のインタビューで愛読書として取り上げられたことがその原因と思われる。

次ページ以降、200位までのランキングをお届けする。

 

次ページ1~50位はこちら
関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。