最新!「ビジネス書」売れ筋200冊ランキング

1位は「学力の経済学」

9月25日から10月1日にもっとも売れたビジネス・経済書は?(写真:tomos / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、9月25日から10月1日のランキングだ。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週のポイントは何といっても久しぶりにトップの入れ替えがあったこと。長らくトップの座にあった『最強の働き方』がついに週間ランクトップの座を譲り、2位になった。

代わりに1位に急上昇したのが『「学力」の経済学』だ。9月25日にTBS系列で放送された 『林先生が驚く 初耳学!』は2時間のスペシャル放送に著者の中室牧子氏が登場。この書籍が大々的に取り上げられたことで、一気にランキングを引き上げた。

5位の『仕掛学』は9月27日に注文数が急増し、288位から5位まで一気にランキングを引き上げた。これは、同日に東洋経済オンラインにて同書の関連記事ドーナツ屋が警官にコーヒーを配る深い理由が掲載されたためである。

つまり、急伸している書籍にも、「仕掛け」があるのだ。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。