最新!「ビジネス書」売れ筋200冊ランキング

1位は「学力の経済学」

9月25日から10月1日にもっとも売れたビジネス・経済書は?(写真:tomos / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、9月25日から10月1日のランキングだ。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週のポイントは何といっても久しぶりにトップの入れ替えがあったこと。長らくトップの座にあった『最強の働き方』がついに週間ランクトップの座を譲り、2位になった。

代わりに1位に急上昇したのが『「学力」の経済学』だ。9月25日にTBS系列で放送された 『林先生が驚く 初耳学!』は2時間のスペシャル放送に著者の中室牧子氏が登場。この書籍が大々的に取り上げられたことで、一気にランキングを引き上げた。

5位の『仕掛学』は9月27日に注文数が急増し、288位から5位まで一気にランキングを引き上げた。これは、同日に東洋経済オンラインにて同書の関連記事ドーナツ屋が警官にコーヒーを配る深い理由が掲載されたためである。

つまり、急伸している書籍にも、「仕掛け」があるのだ。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT