タイソン・ゲイの15歳の娘、被弾して死亡

銃撃戦に巻き込まれる

10月16日、陸上男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイ(写真)の娘、トリニティさんが、米ケンタッキー州レキシントンで銃撃戦に巻き込まれて死亡した。リオで8月撮影(2016年 ロイター/DAVID GRAY)

[16日 ロイター] - 陸上男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイの娘、トリニティさん(15)が16日、米ケンタッキー州レキシントンで銃撃戦に巻き込まれて死亡した。

警察によると、レキシントンにあるレストラン付近で午前4時ごろ、乗用車2台を挟んで銃撃戦が発生。トリニティさんが銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認された。警察当局は2人の身柄を拘束したと発表した。

ゲイは「とても混乱している。彼女は秋休みでそこにいただけだ。狂っている」と話した。

トリニティさんはレキシントンの高校の陸上チームに所属し、将来を嘱望される選手だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。