デキる人は「無茶ぶりへの対応」に秀でている

無茶をタイプ別に分け、対処法を検証!

その2:精神的に無茶  メンタルキャパシティオーバー

仕事そのものはものすごく大変ではなくても、頼まれ方やタイミングによっては、感情的に受け入れがたい無茶ぶりと感じられることも多いでしょう。このメンタル面でのキャパシティオーバーは、「このくらいはOK」という明確な線引きができないことが特徴です。調子のよいときなら流せる無茶ぶりも、そうでない時にはかなりのダメージを受けることがあります。

自分も相手も大切にする自己表現

ここで紹介したいのが、「アサーション」というコミュニケーションの手法です。アサーションとは、「自分も相手も大切にする自己表現」という意味です。日本語では一言で言い表せる言葉がないため、アサーションという言葉を使わせてください。

一方的に自分の主張を通すわけでもなく、相手の主張をなすがままに受け入れるわけでもなく、自分の気持ちや状態を、相手を配慮しながら伝える力だと思ってください。伝え方として、「DESC」を紹介します。つらい会議を延々と続けているという状況での使い方の例とともに説明します。

Describe(状況の描写):自分がおかれている状況や相手の行動を客観的に描写する。
「会議がはじまって1時間以上経ちますが、意見が減ってきましたね。」
Express(感情・状態の表現):状況や相手の行動に対する自分の気持ちや状態を表現する
「私は少し集中力が落ちてきました。他の方もつらそうです」
Specify(特定の提案):相手に望む行動、妥協案、解決策を提案する。
「今日はここで切り上げるかどうか決めませんか?」
Choose(選択):肯定的・否定的結果を考え、それに対する行動の選択肢を示す。
「もし今日中に決める必要があるならいったん休憩をとってもよいでしょうか?」

 

このように自分の気持ちを率直に伝えるのがスタートですが、ここで気をつけてほしいのは、自分が感じた感情を否定しないということです。「こう感じるのは自分が間違っているのでは?」と思う必要はありません。感じ方は自由であり、それを表現することも権利であるというのがアサーションの考え方です。

自分のメンタルキャパシティが本当にオーバーしてしまうまで無茶ぶりに我慢し続けても、上司にも自分にもよいことはありません。無茶ぶり仕事そのものはなくならないとしても、上司に話して納得のうえで仕事を受けて、メンタルキャパシティオーバーを防ぎましょう。

次ページ自分の器を超える無茶ぶりがきたら…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT