ユニリーバがベンチャー買収を繰り返すワケ

消費財業界は統合の時代を迎えている

インカンベント企業が、まだ比較的小さいうちにライバル企業を吸収しようとするのは珍しいことではない。ダラーシェイブクラブもセブンスジェネレーションも(そしてオネストカンパニーも)それぞれの業界に大きな影響を与えてきた。

前者は、他社と比較して何分の1かの値段でヒゲ剃りの替刃を販売するサブスクリプションサービスを提供することによって、後者は、環境問題に取り組むという目的に導かれた強力なブランド像を確立することによってだ。

流通にもたらされた革新

ユニリーバでホームケア部門のプレジデントを務めるニティン・パランジピ氏は、「セブンスジェネレーションを獲得したおかげで、ユニリーバは目的を持った高品質な製品に対して高まる需要に応えられるようになるだろう」と語る。また、プロフィテロのアンダーソン氏は、「こうした買収が、市場を上回るペースで成長する、若くてファッショナブルなブランドを象徴している」という。

デジタルは、これまであった小売業者と供給業者の関係を変え、両者のあいだに著しい重複を生じさせた。いま、小売業者が独自ブランドを確立しようとする一方で、供給業者とブランドは消費者に直接リーチする新たな方法を考案しつつある。

P&Gやユニリーバのようなレガシー企業は依然として、この変化する状況を切り抜けるのに苦労しているが、ダラーシェイブクラブやオネストカンパニーなどの新興企業は、直販型ブランドの確立に成功している。こうした新興企業はソーシャルメディアを通じて消費者とのデジタルコネクションを築き、それを活用してマーケティングだけでなく、製品の販売も行っている。彼らは製品だけでなく、流通の最前線にも革新をもたらししつつあるのだ。

エージェンシーのレイザーフィッシュでコマースおよびコンテンツプラクティス部門のシニアバイスプレジデントを務めるジェイソン・ゴールドバーグ氏は次のように述べている。

「彼らはデジタルネイティブの垂直統合型ブランドだ。こうした企業を買収する理由のひとつは『アクハイアリング』(「買収」と「採用」を組み合わせた造語。人材の獲得を目的とする買収)にある。このアクハイアリングがデジタルネイティブ度の高い優秀な人材を組織にもたらし、その不足を埋める力になる」

Tanya Dua (原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ユニリーバの「スタートアップ企業」活用術 〜長期的な関係づくりで目標達成
「重要なのは、支出分の対価を得ること」:デジタル広告費を節約したユニリーバの考え方
Viceのエッジ路線、女性向けメディア「Broadly」でも好調:ユニリーバが出稿を決めた理由

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT