スタバが満を持して挑む、日本の「お茶革命」

今度は紅茶にあのフラペチーノの技術も注入

「ティーを多彩に変えて行いく」と宣言する、スターバックス コーヒー ジャパン。コーヒー、フラペチーノとヒットを連発してきた同社は、紅茶・緑茶市場をも変えることができるのか

「スターバックスは日本のティー(Tea)の飲み方を変えて行く」――。9月28日に開いた記者会見で、同社の水口貴文CEOはそう宣言した。

スターバックス コーヒー ジャパンは10月3日から、紅茶や緑茶などのティー商品を刷新する。日本国内1198店(一部除く)で、「TEAVANA」(ティバーナ)ブランドとして、商品を投入。コーヒー類飲料、氷菓飲料フラペチーノに続き、ティー事業を第3の柱に育てる計画だ。

スタバが仕掛ける"紅茶革命"

ティバーナは1997年に米ジョージア州で発祥した紅茶専門店。米スターバックス本社が2012年に上場していた同社を6.2億ドルで買収した。社名のティバーナは、"Heaven of Tea"に由来。米本社の資料によれば、2015年9月時点で米国に371店を展開している。

スターバックスは日本国内で従来から、「ホットティー」「アイスティー」「ティーラテ」「チャイティーラテ」「抹茶ティーラテ」、といった商品を提供している。今回は商品を刷新し、既存のスターバックス店舗で、ティバーナを新ブランドとして売り込む計画だ。

今回、ティバーナの導入に当たって、同社が旗艦商品としてアピールするのが、『ゆず シトラス&ティー』(トールサイズで430円)。イングリッシュブレックファストに、シトラスベースとゆずやグレープフルーツなどの果汁を多く使っていることが特徴だ。

スターバックスは従来からも、紅茶やチャイティーラテといった商品は販売していたが、ともすれば「今日はコーヒーを飲みたくないから、紅茶にする」といった消極的な選択肢になっていた。また、高単価ゆえに採算性の高いフラペチーノは女性向けに大ヒットしているものの、ある程度の年齢層になると、「体が冷える」という理由で年上の女性には敬遠されがちだった。

次ページ「新・紅茶」ができる過程をスライドで見る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT