スタバが満を持して挑む、日本の「お茶革命」

今度は紅茶にあのフラペチーノの技術も注入

そこで今回は、従来の紅茶をベースに、付加価値をつけた商品を投入することとなった。特にこのシトラスティーで発揮されているのが、生果物の果汁を多く使っていることだ。

注ぎ込んだフラペチーノのノウハウ

都内で会見する水口貴文CEO(写真中央。記者撮影)

これは今までフラペチーノを販売するにあたり、バナナや白桃などの新鮮な果物を店舗で仕込んで、商品として提供してきたノウハウが存分に発揮されている。

スターバックスはシトラスティーを皮切りに、今後もティー分野で積極的に新商品を投入していく計画だ。「フラペチーノで培ったクリームやチョコレートなど、さまざまな食材の組み合わせを検討していく」(会社側)という。

飲料大手の伊藤園の推計によれば、コーヒー飲料の市場規模は9400億円だったのに対し、紅茶は4600億円で、緑茶は4150億円と、半分以下だった(2015年)。紅茶業界では、2010年の『TEA’S TEA』や、2011年の『午後の紅茶 無糖』(キリン)『ブレンディ スティックティーハート』(AGF)などヒットが相次いでいるが、いまひとつ市場拡大に拍車がかかっていない。

「ティーをコーヒー、フラペチーノに次ぐ第3の柱に育てる」と水口CEOは意気込む。フラペチーノは爆発的に売れるまで、10年近い時間がかかった。スターバックスは停滞する紅茶市場で、新境地を切り開くことができるのか。 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT