パチンコ屋から、外資コンサルに転職できるか グローバルエリートがキャリア相談に回答!

✎ 1〜 ✎ 47 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 最新
拡大
縮小

グローバルエリートからのアドバイス――今中氏へ

いつもながら本題を外れ、社会への問題提起に話が飛んでしまった。しかしこれは、すなわち今中氏への回答が「やはり困難」と短く終ることへの私なりの申し訳なさの表れである。

今中氏への答えは残念ながら厳しい。とりあえず、答える前に実際体験してみようと、以前の来日した時にパチンコ屋さん5軒ほどに足を運んでみたが、あの“噴煙渦巻く迫力―無気力のカオス空間”からは、やはり直接の転進は想像できない(私は勇気を出して店員さんにインタビューをしようと思ったが、気が引けてやめておいた)。

一般的に、好条件とは言えない現職からの連続的なキャリアアップが難しい場合、今中氏の学習態度にもよるが、本当にコンサルティングファーム等を目指すなら海外MBAやUSCPA、ないしより手っ取り早く入れる国内有名MBA(もっと言うと慶応ビジネススクールや一橋)をテコに、キャリアジャンプの準備に入ることが現実的だ。これなら1~2年頑張れば現在の28歳という年齢を考慮すれば、まだまだキャリアアップの余地は十分ある。

しかしそれ以前に、今中氏にいろいろ聞いて相談をいただいた感想を言えば、“経歴上コンサルは難しい”と悩む以前に、どの転職先に移るにしても、そもそも基本的な就職準備ができていないのが気になった。

ご相談者の中には、「今までこんな経歴だったから、今さら私が頑張っても誰も雇ってくれない」と弱音を吐く人が頻繁にいる。しかしそれはおそらく、自分があこがれている職場の人たちの、並大抵ではない努力と鍛錬の積み重ねや、習慣化した1日12時間労働と4時間読書の努力に目を向けずに嘆いているのではないか。

多くの人がテレビを見ながらカルビーのエビせんべえをかじっている間、あなたの10倍稼いでいる人たちは、24時間消えることのない蛍光灯の下、土曜の日経新聞に載った投資先の粉飾決算スキャンダルのインパクトを夜通し計算していたりする。今回の今中氏のケースでは、今までの努力と経歴で“負けている”分、今後の人生はそれをはるかにしのぐすさまじい自己の変革への献身が必要だ。

私は適当に「頑張れば、夢はかなう!」などと無責任なことを言うつもりはないが、「頑張らなければかなわない」と断言しよう。そもそも夢とは何か不明なことが多く、その夢の内容も時とともに変わるだろう。しかし目標を高く持って全力で打ち込む人生は、仮にその目標が達成できなかったとしても失敗とは言えない。高揚感と充実感にあふれた人生は、適当に過ごして得た金銭的報酬より、よっぽど成功した人生と言えるだろう。

現状に甘んじず、自ら困難な仕事にチャレンジする皆様に、はるばるフランスの彼方からエールを送りつつ、本日のコラムの締めとさせていただきたい。

ムーギー・キム 『最強の働き方』『一流の育て方』著者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Moogwi Kim

慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、大手コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当した後、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。英語・中国語・韓国語・日本語を操る。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(母親であるミセス・パンプキンとの共著)など。『最強の働き方』の感想は著者公式サイトまで。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT