「SCOOP!」監督は雑誌の仕事をどう見たか

「すぐに雑誌がなくなることはない」

仕事に対してネガティブな気持ちがあると朝は起きられないかもしれないですね。ひとりで進めないといけない脚本の作業や調べ物をすることが一番辛くて、それをやっている期間は朝も起きづらい。一方、撮影現場は役者もいるし、スタッフもいるし、楽しいことしかないので早く行きたいな、という感じになります。

目の前の仕事を100%以上でやる

無精ひげにパーマヘア、アロハシャツ、革ジャンといういままでにない福山雅治を作品では見ることができる©2016映画「SCOOP!」製作委員会

――監督は仕事のペース配分が出来て、締め切りを守れるタイプなのでしょうか。

まったくできません。計画通りにできたためしがないですね。言い訳に聞こえるかもしれませんが、つまらないものだったらいくらでも書ける。別にさぼっているわけではなく、常に考えていて、作品のことを考える期間がないとちゃんと実らない。そこはスケジュール通りサクサクやってはいけないと思う。寝かす作業というのも必要だと思います。

作品にもよるけど、脚本作業は山登り的なものがあって、どうやって登るかとか、どの登山口から入るのがいいかと、山の周りをうろうろしている期間がある。とりあえず登ってルートが決めていくパターンもあって一概にはいえないですが、ひとついえるのはスムーズにはいかない。サクサク進んでいくものはやっぱりつまらないですからね。

締め切りを守っていない分、逆にプレッシャーがかかります。締め切り通りに出すつまらない作品と、締め切りは過ぎるけど面白い作品、どっちがいいかという話です。一番は締め切り通りに出来て面白い作品になるのがいいのですが、なかなかそうはいかないです(笑)

――映画にでてくる人たちのように仕事は情熱を傾けた方がいい?

どうでしょう。人それぞれでしょうし。なぜ生まれてきたのかということを考えたとき、仕事をするためなのではと思います。文句ばっかりいっていても仕方がない。面倒臭いことや、嫌なことがある中、世の中を良くしていくためには自分の目の前にある仕事を100%以上でやっていくしかないのではないかと思います。「仕事をして死んでいけ」という感じです。

――ビジネスパーソンに向けてメッセージがあればぜひ。

「働け」です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。