SMAPの世界観を崩したジャニーズへの失望

優れた表現への尊敬があっただけに

矢野:ディズニーランドには緻密なマニュアルがない。世界観を共有して、あとは自由にふるまう。初代の「ジャニーズ」は、米国のディズニーランドに遊びに行ったと言います。

強固な世界観は流動性を担保してこそのものです。ジャニーズはそれを今までは、上手にやってきていた。SMAP、TOKIO、V6、Sexy Zone、A.B.C-Z……それぞれ違うけど大枠でみると「ジャニーズ」としか言いようがない。

だから、今までのジャニーズであれば、SMAPの世界観を持ったまま解散させていたのではないか。やはり、僕はSMAPがどうこうよりも、そのバランスを失った事務所のあり方に失望したのかもしれません。

常見:ファンたちに対していい別れ方をさせるというのが、ジャニーズにとって世界観を維持することだったと。本当の強権だったら「お騒がせしたけれど、僕たちそれぞれの道で頑張るから応援してね!」とSMAPにやらせたでしょうね。キムタクとみんなの温度差もあらわになるし、こんなかわいそうなSMAPは見たくないとなる。

矢野:強権的にふるまっていることは、みんななんとなく知っていたし、それに対する批判もあった。でも一方で、優れた表現を生んでいるんだというリスペクトもあった。信頼していたファンからすると、あの会見は「世界観を台無しにされた」と感じるでしょう。リスペクトの部分を失わせてしまった。

素敵な夢を見させておくれ

常見:最後にSMAPに何をしてほしいですか?

矢野:難しいですね……新曲は出してほしいですね。個人的には、もう、無理にでもライブを見たいという感じはしない。だから、もう少し長い言葉で自分の気持ちを綴ったライナーノートのCDが出ると最高ですね。それが、ディスコティックな曲だったらさらに最高です。「Dear WOMAN」はダンサブルな曲で、日本を背負っているけれど、彼ららしさもある。あのバランスの曲が聞きたいです。

常見:僕は「いい別れ方をしてよ」と思ってしまいますね。山口百恵がマイクを置いた姿や、キャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と言うような。今までのネット掲載のタブーをやぶり、YouTubeでライセンスフリーで流してほしい。終わってからのSMAPは、自由にしてほしいですよね。

(構成・写真:山本 ぽてと)

SMAP解散のもうひとつの論点は、人と組織の関係である。今回の解散劇においては、ジャニーズ事務所に関する批判が集中した。
文中にあるように、私は解散するならするで、心に残る解散劇にしてほしかったと考えている。その点において、ジャニーズ事務所に対しては批判せざるを得ない。国民的アイドルグループなのにも関わらず、だ。やや欲張りかもしれないが、山口百恵がマイクを置いたように、あるいはキャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と言ったように、ドラマを期待していた。まあ、いまのSMAPの状況からすると、それは贅沢な要望かもしれないが。
ただ、ジャニーズ事務所をすべて否定してしまうのは筋違いだ。なんだかんだ言って、ジャニーズ事務所の関係者が発掘し、仕掛けたことでSMAPはブレークした。組織なしで、ここまでのブレークはあっただろうか。
SMAPが正式に解散する日が迫っている。もう歴史の歯車は止められないのだが、お願いだから、SMAPらしい別れ方を今からでも模索して欲しい。
YOUはこの件、どう思っただろうか?

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT