SMAPの世界観を崩したジャニーズへの失望

優れた表現への尊敬があっただけに

常見:ジャニーズだからこそのSMAPであったわけですね。ジャニーさんの嗅覚ってすごいですよね。次の時代に好かれる男の子を見つける。

大学時代、『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)などで知られる、楠木建先生による「生産管理」という名の、経営学講義で印象に残った話がありました。

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)という分析法があります。市場成長率と市場占有率の高低でマトリックスを組む。成長率が高くて、シェアも高かったら「花形商品」。成長率は低いけれど、シェアが高かったら「金がなる木」。成長率が高くてシェアが低かったら「問題児」。成長率もシェアも低かったら「負け犬」です。

事業をするにあたって、花形商品と金のなる木を作っていくのかがポイントです。さらに、今は問題児と負け犬でも、他のシェアの維持に貢献していたり、そのうち花形商品と金のなる木になったりする可能性もあります。ですから、企業の中でバランスよく配置することが大切なんです。そのとき、楠木先生が「これが抜群に上手い会社がジャニーズ事務所だ」と言ったことをよく覚えています。

「ジャニーズ系」というイメージができている

矢野:ジャニーさんの嗅覚はすごいですよね。「ジャニーズ系」というイメージができているくらいですから。

アイドル評論でよく言われたのは、コミュニケーションのネタになるようなものを投下して、コミュニティが活性化する、その方法がクレバーだということです。僕は、ジャニーズの場合は違った印象もあります。ジャニーズは、必ずどこかで一個攻めていく。そこでコミュニケーションが再編成されていて、次のステージでは独壇場になっていく。その歴史なんです。

次ページ吾郎ちゃんは、もっと着飾りたかったかもしれない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT