SMAPの世界観を崩したジャニーズへの失望

優れた表現への尊敬があっただけに

だから、SMAPの場合は、マネジメントが効いているからこそ、あんな謝罪はさせていけなかった。マネジメントしているなら、服従させてでも、SMAPらしい解散メッセージを出せばよかった。実はあそこで露呈したのは、マネジメント力が低下しているということではないでしょうか。

忘れかけてた魔法

矢野:私はそれにショックを受けていたのかも。「芸能事務所」というのは不思議な言い方です。お祭りの場で行うのが芸能です。でも、芸能事務所は芸能の中に社会性を持ち込んでいる。

ジャニーズ事務所は目利きのジャニーさんが「YOU来ちゃいなよ」で連れてくる。敏腕のメリー(喜多川)さんが実務の面でマネジメントしている。芸能と社会との両輪があって、ジャニーズがあった。

今、ジャニーさんの力が弱くなっている中で、強権な部分だけが前面に出てしまったのかもしれません。常見さんにお聞きしたいのですが、やはり一般的に考えてワンマン経営は限界があるのでしょうか?

ワンマンや同族経営のすべてが悪いのではありません

常見:ワンマンや同族経営のすべてが悪いのではありません。その企業のステージによります。むしろ、当事者意識があるわけですし、意思決定のスピードも速いです。カリスマでひっぱってきたなら、それを持続させるには後継者を育てないといけません。

状況が1990年代半ばの『週刊少年ジャンプ』と似ていると思いました。その時期、ジャンプは最盛期に650万部超というすさまじい部数を記録していた。ですが、『SLAM DUNK』や『ドラゴンボール』が終わり、『週刊少年マガジン』に部数を抜かれてしまいます。

しかし、『ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』『NARUTO -ナルト-』が出てきてヒットし、女子にもウケたり、グローバル展開しやすいコンテンツを着々と仕込んだため、再度2000年代にマガジンを抜きトップに踊り出ます。

ですから、SMAP解散後も着々と人を育てていくことで、新しいジャニーズが生まれ、芸能の歴史を塗り替えていくことを期待したいです。

もっとも、SMAP解散を皮切りに、今後、ジャニーズ事務所に何かが起こったら、日本の芸能界再編、業界ビッグバンが起こる可能性があります。独立や移籍、引き抜き合戦などがあるかもしれません。究極はディズニーでしょうね。統一の世界観があって、そのうえで変えるところと変えないところがある。

次ページバランスを失った事務所
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT