音楽から始まる、王者コカ・コーラのO2O

ネットとリアル、全方位ブランディングの破壊力

実はこのO2Oキャンペーンは、2012年10月から11月にかけ、オーストラリアで実施し成功を収め、日本に持ち込んだものだ。世界的企業、コカ・コーラだからこそできる水平展開と言える。

コカ・コーラと消費者の絆が弱くなった?

「コカ・コーラと消費者との“絆・つながり”が若干弱まっている傾向にある」(足立氏)。国内展開の背景には、日本コカ・コーラの調査結果で課題が明らかになったことがある。

日本コカ・コーラ、インタラクティブマーケティング・シニアマネジャーの足立浩俊氏

世代を超えておなじみの、「赤いコカ・コーラ」。2007年から11年までプラス成長だった赤いコカ・コーラの売り上げが、12年、踊り場となった。12年は、キリンビバレッジが「キリン メッツコーラ」、サントリー食品が「ペプシ スペシャル」と、こぞって新しいコーラ飲料を発売した年だ。脂肪の吸収を抑える「特定保健用食品のコーラ飲料」という新ジャンルで差別化したことが大きい。当然、日本コカ・コーラの売り上げにも影響を与えた。

とはいえ、「競合他社が攻勢を仕掛けたから」という理由だけでは済まされない。

依然として、王者コカ・コーラが占めるシェアの割合は大きい。だが、コカ・コーラと消費者との間の絆が弱くなっているのではないだろうか。もっと改善できるのではないか。消費者にコカ・コーラに今一度、関心を向けてもらいたい。コカ・コーラへの関与度を強めてもらいたい。こうした思いが今回のキャンペーンにつながった。

もともとコカ・コーラと音楽は相性がいい。音楽で想起するブランドを消費者に尋ねると、コカ・コーラを挙げる人が非常に多いという。若者を中心に幅広い年齢層にうまく訴求していけるキャンペーンになるという自信が日本コカ・コーラにはあった。

音楽目的でリピート購入する人も

消費者の反響も上々だ。自分の生まれ年、子供が生まれた年、夫と出会った思い出の年を見つけたなど、”年”をきっかけにコカ・コーラのボトルを手に取った、という声が届いている。さらに、この曲懐かしいね、はやっていたね、など、音楽にまつわる感想も上がっている、という。

音楽という新しい付加価値を加えたことで、リピート購入にもつながっている。「今回は2004年を買ったが、次は自分の青春時代のボトルを買ってみよう」「1990年に流行っていた曲を聴いてみたい」などといった動機で何回も購入し、参加する人もいるようだ。そういった消費行動を促すために、専用サイトでは、570曲すべての試聴ができるようになっている。

O2Oのような新しい取り組みでは、店舗の販売員の協力も必要だ。

次ページ一般消費者に理解してもらうために……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT