広告の敵「アドブロック」利用者の意外な実像

5つの最新調査グラフで図解

広告によってコンテンツの読み込みが止まったり、速度が遅くなってしまうことが、アドブロッカーの利用を助長する。「彼らは閲覧している環境と調和する体験を求めているのだ」。

「機能オフ」に対応もする若年層

しかし、悪いニュースばかりではない。もっともアドブロックを行うとされている、18歳から34歳までの男性はまた、アドブロッカーをオフにすることを容認やすい層でもある。

「彼らは広告にイライラされられない体験のためなら、アドブロッカーをオフにすることには前向きである」と、ゴンベール氏。購読契約サービスの勧誘でも、若干の広告数の減少でも、パブリッシャーがパーソナルな何かをユーザーに提供できるのであれば、ユーザーは耳を傾ける余地をもつ。

「媒体を見にきたユーザーに対して、『このコンテンツはすべて我々が作ったものだ。あなたが読むのも消費するのも自由だが、私は記者やカメラマンに給料を払わなければならない。ユーザーにとって本当にためになる情報を伝え続けるには、どうすることが一番の課題になるか?』と問いかければ、それはユーザー体験をパーソナライズ化するということになる」。

次ページアドブロッキングを解除する理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT