広告の敵「アドブロック」利用者の意外な実像

5つの最新調査グラフで図解

アドブロッカーを利用している人たちとは(写真:siro46 / PIXTA)

 アドブロッキングの台頭は、現在のパブリッシャーにとって、もっとも大きな頭痛のタネのひとつだ。フィナンシャルタイムズタイム社など、多くのパブリッシャーが対応策を講じており、その手法は多岐にわたる。

しかし、最新の研究では、アドブロッカーを利用しているアメリカの消費者の3分の2は、ある特定の状況下でなら、アドブロックを解除することを厭わないと考えているという。

アメリカの業界団体であるインタラクティブアドバタイジングビューロー(Interactive Advertising Bureau:以下、IAB)が、1300人のパソコンユーザーと201人のモバイルユーザーに調査を行ったところ、同国でもっともアドブロックを行うのが、18歳から34歳の男性とわかった。

「テック系およびゲーム好きのコミュニティが、およそアドブロッキングツールを利用している」と話したのは、IABテックラボのゼネラルマネージャー、アランナ・ゴンベール氏。同じ年齢層の女性もまた、アドブロッカーの利用者が多い。「このデモグラフィックに属する層は、インターネット技術に精通しており、ツールの使い方を知っている」。

行為自体の認知率は41%

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

メディア分析を行うミディアリサーチが世界各国の3600人に調査を行った結果、アドブロッキングを知っていた消費者はわずか41%だったことがわかった。そのうちの80%がデスクトップ、46%がスマートフォンでアドブロックを行っている。

広告をブロックする理由については、ユーザーのちょっとしたイライラ感が挙げられる。「消費者がイラ立つのは、広告がコンテンツを遮ることは、ユーザーに対して侵略的で挑戦的な行為だからだ」と、ゴンベール氏は話す。

次ページ若年層はアドブロッカーをオフにすることには前向き
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT