広告の敵「アドブロック」利用者の意外な実像

5つの最新調査グラフで図解

ゴンベール氏によると若年層は、技術面の知識があり、ソフトの変更や改善、そしてアップグレードが可能であることを知っているため、アドブロッカーを外すことに、より前向きでもあるという。

「彼らは広告が改善できる余地があると信じているのだ」と、ゴンベール氏。しかし、彼らは何も変化が起きなかった場合は、それを許すこともしないと、付け加えた。「変化はなくてはならないもの。そのメリットを感じないユーザーは背を向けてしまうことになる」。

ユーザーにアドブロッキング用のソフトウェアをアンインストールしてもらう方法は、ほかにもある。ユーザーが望まないかぎり、広告に自動再生音声や動画が付随しないようにすることや、ウイルスを含む広告からユーザーを守ることだ。

ゴンベール氏によると、ユーザーの40%がアドブロッカーを自身のコンピュータで使用していると信じている一方、実際の利用者は26%に過ぎなかったという。IABの調査で出た驚くべき結果のひとつだ。残りの人は内蔵されているポップアップブロッカーやアドブロッカー付きのセキュリティソフトウェアを混同して使用していた。

上の世代にもアドブロックが浸透

ミディアリサーチのアナリスト、キャロル・セバリアン氏は、モバイルとデスクトップのアドブロッキングのデータはまだわずかに男性、そして若い世代に偏っているという。だが、その上の世代がアドブロッキングソフトウェアを利用しているということも軽視してはいけないと警告する。

次ページアドブロッキングが今後主流派になる可能性も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。