「転職サイトに登録」は転職活動とはいえない

「理想の仕事が降ってくる」は幻想だ

同期や後輩が転職をして、生き生きと働いている姿を見ると、うらやましく思ってしまいます(写真:naka / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。社会人7年目の女性です。私は現在、証券会社でリテール営業をしております。私が新卒採用のときの就活はリーマンショックの影響を受けて、かなり厳しい状況でした。その中で1社だけ内定をいただくことができました。それが現在の会社です。
ですが、営業で毎日数字に追われ、帰宅時間も遅く、好きなことを仕事にしているわけでもないので、転職をしようかと何度も考えてしまいます。
実際に同期や後輩が転職をして、生き生きと働いている姿を見るとうらやましく思ってしまいます。しかし、いざ転職サイトに登録すると営業の求人ばかりが届くので、転職しても営業になるのではないかと思い、現職にとどまっている状況です。
そもそも、転職する必要がないのでしょうか? 転職に関してアドバイスがいただければと思います。よろしくお願いします。
会社員 ゆるるん

転職を考えるきっかけは周りの転職?

この連載の記事一覧はこちら

思考のベースを自分自身に据えて、もっと具体的に動機を掘り下げ、なおかつ積極的な行動に結び付けてみましょう。そうすれば転職を本当にするべきか否かが見えてきます。

いただいた文章を拝見するに、ゆるるんさんが、今回、転職を考える直接のきっかけとなったのは、周りが転職をして幸せそうにしているという、外部環境のように思われます。

次ページどういうことか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。