なぜ人類は地球を支配する存在になったのか

すべては7万年前に始まった!

7万年前に境目に何が起きたのでしょうか(写真 :bee / PIXTA)

なぜ「サピエンス」が地球を支配する存在になったのか

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

私たちは自らをホモ・サピエンスと名づけた。自分達を「賢い人」と呼ぶ私たちは、アフリカ大陸で捕食者に怯える、取るに足りない動物であった。なぜ、その取るに足りない動物である「サピエンス」が現在のような食物連鎖の頂点に立ち、地球を支配するような存在になったのだろうか。

15万年ほど前に東アフリカで細々と暮らしていたサピエンスは7万年ほど前になると突如、地球上のあらゆる場所に侵入し、他の人類を絶滅に追い込む。それ以前のサピエンスは複雑な道具を作る事もなく、他の人類に対しこれといった強みを持っていなかった。解剖学的には8万年前の人類と今の人類の間に大きな違いは存在しない。見た目は同じだが太古のサピエンスは脳の構造が私たちと違っていたと推測されている。およそ7万年前を境目にしてサピエンスの認知的能力に劇的な変化が起きたのだ。

「認知革命」がなぜ起こったのかは、最新の研究でもわかっていない。理由はともあれ、認知革命により私たちが手に入れた最大の武器とはなにか。それは想像力だ。「気を付けろ、ライオンだ」という言語を操れる人類は他にもいたが、「ライオンはわが部族の守護霊だ」と話すことが出来る人類はサピエンスだけだ。この想像力のおかげでサピエンスは複雑な社会を形成することが可能になった。

次ページ次の人類のターニングポイントとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。