イオン、産業再生機構への“恨み節"

ダイエーを子会社化へ、会見詳細を全掲載

ダイエーは3度の金融支援を経て、産業再生機構から支援を受けた後、2006年に丸紅が主導する格好で再建に入った。その後、イオンが07年にダイエーに資本参加。業務提携関係を築き、売上高6兆円を超える企業連合を形成したものの、イオンからみると持ち分法適用関連会社では、ダイエーの経営改革を積極的に主導することは難しかったようだ。ダイエーの業績は直近の2013年2月期まで5期連続で最終赤字を計上するなど苦戦している。

連結化によって、イオンはダイエーへの経営関与を強め、スケールメリットを生かした商品調達やインフラの効率化、ノウハウの共有などを進める。

同日、東京都内でイオン、ダイエー、丸紅の3社首脳が出席して記者会見が開かれた。印象的だったのは、イオンの岡田元也社長がダイエーをかつて支援した産業再生機構への“恨み節”とも取れる発言を繰り返したことだ。岡田社長は「短期的な効果を期待され、それを狙ったが、責任の所在があいまいだった」などと話した。

会見における3社首脳陣と報道陣とのすべての質疑応答を、以下に掲載する。

「マイカルの再生と大きく違う」

――ダイエーはマイカルの再生と比べ、産業再生機構を使ったスキームがうまく機能しなかったのか。

イオンの岡田社長 産業再生法と会社更正法については、大きな違いがあった。マイカルは2001年に会社更正法の適用を申請して4年後の05年12月には更生手続きが完了した。ダイエーとは、明らかに違いがあると感じざるをえない。ダイエーは産業再生法の申請からすでに10年が経過している。

マイカルは雇用の完全確保とともに、取引先についても、イオンが取引を保証するということで1社も切らずに一緒に再建に進んだ。ダイエーの初期の再建はいろいろところで問題があった。短期的な効果を期待され、それを狙うがゆえに、それを引き受けた丸紅、イオンにとっても負担になるようなことがあった。

次ページ連結化で何が変わる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT