3.11から2年後、千年規模で問う復興のかたち
歴史映画の名作が教える、あるべき共同体とのつきあい方

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

どちらも「幽霊」だとの自覚が生む寛容さ

そもそも、かように貨幣とは交換不可能なものとされた、家族や農村=「共同体」の価値とは、本当に真正なものなのだろうか。

実は『雨月物語』は、ここで巧みなしかけを用意している。

故郷に帰った森雅之を迎える妻の田中絹代もまた、この時すでに殺されている「幽霊」であり、映画は末尾、幽霊としての彼女のナレーションと、しかしその実在を信じてお墓に食べ物を供える、健気な遺児の姿で閉じられるのだ。

「現に売れているから売れる」という貨幣的な価値が、実体のない幽霊だとの主張はよく耳にする。しかし共同体の人間関係も、「現に信頼されているから信頼する」という形で存続しており、ひとたびこの循環に疑念が差し挟まれれば、脆くも霧消してしまう点では同様だ。

哲学者デリダは『マルクスの亡霊たち』で、「幽霊」=人々の相互行為を通じてのみ存在せしめられる現象の方が、しばしば実在する人間以上に社会を動かすという逆説を、『共産党宣言』と『ハムレット』に共通のストーリーとして指摘した。それはまさしく『雨月物語』にも、同作が描いた日本の「復興」にもあてはまる。

自分の信じるものだけが「実在」し、それ以外の価値基準は「偽物」だとする発想は、社会を不寛容にする。逆に貨幣であれ共同体であれ、それが実際には幽霊かもしれないと自覚することで、人は初めて歩み寄ることができる。

震災復興として再び日本人の前に訪れた選択の岐路、自身の意向とは異なる決定に傷つく人々がどこかにいるはずだ。

しかし、そのことさえ忘れなければ、私たちはまた、何度でもやりなおせる。

  

【初出:2013.3.9「週刊東洋経済(円安の罠)」

(担当者通信欄)

「原発避難」論』では、東日本大震災後のさまざまな避難の事例を挙げ、「難民」としての避難民を考えます。『溝口健二の世界』では、このコラムで取り上げられた「雨月物語」が、“伝統演劇の形式と主題の映画化”として語られます(実はカバー写真にも「雨月物語」が)。ぜひ、併せてお読みになってみてください。

「共同体」について考えてみると、その対になる「共同体外」に思いがいたります。共同体によってもたらされると信じられてきたものが、共同体外の力や声によっても、また生み出されるとしたら、復興における選択肢は格段に増えてくるのかもしれません。実際に、行政、NPO、営利企業、個人と、元の共同体の内外を問わず、さまざまな主体が復興に取り組んでおり、ニュースで取り上げられる頻度がそれほどではなくとも、情報を得る回路は多くあります。引き続き注視していきたいと思います。

さて、與那覇潤先生の「歴史になる一歩手前」最新記事は2013年4月1日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、給料大格差時代)」に掲載!
【会社は「学校の延長」か? 新卒採用の季節に改めて考える】

4月1日、いよいよ本格化する就職活動 いまや多くの企業で当たり前の新卒一括採用も、始まった当初は、エリート限定のものだった?それが多くの人に適用されるようになった今、職場に止まらず社会全体を覆う、“学校化”について考えます!

 

現在の日本について、歴史から考えてみたい方は、2012年9月刊行の『「日本史」の終わり 変わる世界、変われない日本人』(池田信夫氏との共著、PHP研究所)を。

2011年刊行の話題書もぜひ!『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋)
 
溝口健二とならぶ巨匠をとりあげる。『帝国の残影―兵士・小津安二郎の昭和史』(NTT出版、2011年)

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT