プログラミングが大人気の習い事になった!

教室では体力づくりや精神鍛錬を教える?

最近は子ども向けにコンピュータのプログラミングを教える教室が増えてきています。将来、ITエンジニアとして就職にも役立つ技術を教えてくれる教室ということもあり、人気急上昇中です。

ピアノや水泳といった定番の習い事はもちろん根強い人気ですが、それを上回りそうな勢いとも聞きます。昔は市販のパソコン雑誌などを読んで独学で勉強していたものですが、時代は変わりました。

どうやら、ぼへちゃんの同僚のお子さんもプログラミング教室に通い始めたとか。将来役に立つ知識を子どもの内から学ばせるのは良いことですね。

その時言われたのが「ぼへちゃんもプログラミング教室開いたらいいんじゃない?」。

確かにぼへちゃん夫婦はふたりそろってエンジニアです。教えるだけの知識は十分持っています。休日を利用して近所の子ども達にプログラミングの基礎を教えてあげてもいいかもしれません。

そこで、だんな君に相談してみたのですが、「まずはデスマーチに耐えられる体力作り! 走り込みや精神鍛錬!」と言い出しました。

いやいや、それはプログラミングの知識とは無関係です。まあ、確かにトラブル案件の解決には体力勝負なこともありますが、ちゃんとプログラミング言語を教えましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT