プログラミングが大人気の習い事になった!

教室では体力づくりや精神鍛錬を教える?

最近は子ども向けにコンピュータのプログラミングを教える教室が増えてきています。将来、ITエンジニアとして就職にも役立つ技術を教えてくれる教室ということもあり、人気急上昇中です。

ピアノや水泳といった定番の習い事はもちろん根強い人気ですが、それを上回りそうな勢いとも聞きます。昔は市販のパソコン雑誌などを読んで独学で勉強していたものですが、時代は変わりました。

どうやら、ぼへちゃんの同僚のお子さんもプログラミング教室に通い始めたとか。将来役に立つ知識を子どもの内から学ばせるのは良いことですね。

その時言われたのが「ぼへちゃんもプログラミング教室開いたらいいんじゃない?」。

確かにぼへちゃん夫婦はふたりそろってエンジニアです。教えるだけの知識は十分持っています。休日を利用して近所の子ども達にプログラミングの基礎を教えてあげてもいいかもしれません。

そこで、だんな君に相談してみたのですが、「まずはデスマーチに耐えられる体力作り! 走り込みや精神鍛錬!」と言い出しました。

いやいや、それはプログラミングの知識とは無関係です。まあ、確かにトラブル案件の解決には体力勝負なこともありますが、ちゃんとプログラミング言語を教えましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。