スゴ腕エンジニアの「ふつうレベル」は高度だ

腕利きの人ほど考え方がシンプル

ぼへちゃん、お客さんとの打ち合わせから戻ってきたようです。

今度新たに始まったお客さん向けのシステム開発なのですが、現場でかなり難しい要望があったようです。難しい要望をどう実現するか。実現方法の検討がつかず、本当にできるかどうか不安な様子です。

そこで、同僚のスゴ腕エンジニアに相談したところ、「ああ、ふつうにできるよ、これ」とのこたえが返ってきました。

えっ!?「ふつう」に?すぐに実装方法の説明を始める同僚。お客さんの要望を実装するのに使える良いライブラリがあるらしく、それを利用してササっと機能を実装してしまいました。

アッという間の実装で、ぼへちゃん驚愕!腕利きのエンジニアの実装スピードは段違い!それを可能にするための勉強を普段からしているからこそなのでしょう。

この技術、決して「ふつう」ではないですが、出来る人にとっては当たり前のようにできてしまうんで、「ふつう」と言ってしまうのです。

この「ふつう」ということば、使う人によってその幅が全然違う言葉だと思います。あなたが「ふつう」にできることでも、他人にとってはすごいことかも知れません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。