スゴ腕エンジニアの「ふつうレベル」は高度だ

腕利きの人ほど考え方がシンプル

ぼへちゃん、お客さんとの打ち合わせから戻ってきたようです。

今度新たに始まったお客さん向けのシステム開発なのですが、現場でかなり難しい要望があったようです。難しい要望をどう実現するか。実現方法の検討がつかず、本当にできるかどうか不安な様子です。

そこで、同僚のスゴ腕エンジニアに相談したところ、「ああ、ふつうにできるよ、これ」とのこたえが返ってきました。

えっ!?「ふつう」に?すぐに実装方法の説明を始める同僚。お客さんの要望を実装するのに使える良いライブラリがあるらしく、それを利用してササっと機能を実装してしまいました。

アッという間の実装で、ぼへちゃん驚愕!腕利きのエンジニアの実装スピードは段違い!それを可能にするための勉強を普段からしているからこそなのでしょう。

この技術、決して「ふつう」ではないですが、出来る人にとっては当たり前のようにできてしまうんで、「ふつう」と言ってしまうのです。

この「ふつう」ということば、使う人によってその幅が全然違う言葉だと思います。あなたが「ふつう」にできることでも、他人にとってはすごいことかも知れません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT