エンジニアは「運動する前の準備」にこだわる

ウェアラブルデバイスを何にするか?

スポーツの秋。ぼへちゃんのエンジニア仲間も、スポーツを始めるようです。「夏の間の不摂生で太ってしまったのでワークアウトを始めようと思うんだけど」と言い出しました。

そこで浮上する問題が、「ウェアラブルデバイスを何にするか」。ただ単に運動をするのではなく、腕時計型のデバイスを使ってデータの計測をしよう、ということです。

候補の最右翼は、なんといってもApple Watchです。アップルの発表イベント「WWDC 2016」で、新しいOSが登場し、ワークアウトやヘルスケアの機能もパワーアップしました。ちょっと大きくて分厚い点が気になりますが、運動をする時のウェアラブルデバイスとして、かなり魅力的なものになっています。

しかし、今やウェアラブルデバイスはApple Watchだけではありませんね。運動をする際に邪魔にならないスリムな端末もたくさんあります。「JINS MEMEはどう?」「FitBitもあるよ、使っているけどいい感じ」との声も。

いつものことですが、デバイス談義が始まったようです。こうなると話は拡がる一方。簡単には結論は出ません。

道具を選ぶより、まずはワークアウトを始めたほうがいいように思うのですが、そうはいかないのがエンジニアの悲しいところ。ウェアラブルデバイスが決まらない限り、前に進みません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。